月別アーカイブ: 2015年8月

株式の値動き

株式投資の世界では、値動きの癖というものが時間帯あるのではないのかということを最近になって私は発見しました。

ただし、このことは私が世界で始めて発見したわけではなく、おそらく多くの株式投資家たちにとっては常識的な知識なのかもしれません。

肝心の値動きの癖ですが、一つ目として午前9時の寄り付きからの大体30分くらいの間に動いた株価はその日の高値と安値になる傾向がありそうなので、その日の値動きを考える上で大いに参考になることです。

二つ目としては、前場の引けで上昇した株式は後場に入ってからも継続して上昇したり後場の寄り付きで高値を付ける可能性が高いのです。

三番目として、14時30分頃は翌日に持ち越したくない投資家が売りに出すので株価は下がりやすい傾向があるのですが、逆にこの時間帯から上昇する銘柄は翌営業日以降も上昇する確率が高いのです。

ただし、この傾向がこれからも続くという保障はどこにもありませんし、この傾向は私が検証した期間だけのものかも知れないので、もう少し詳しく調べる必要がると思っています。