株式市場は過熱しているか

2、3年前の株式市場と比べれば、現在の株式市場は株価は2倍以上になっています。これだけを見れば株式市場は過熱していると考えても不思議ではありません。

しかし、あのバブル経済の時の株価と比べればようやくそのころは半分程度に戻っただけと言えなくもありません。

私自身も経験しましたが、バブル経済が崩壊して後から冷静に振り返ってみるとどう考えてもバブル時代の株価は異常と言うほかはありませんでした。

異常ではありましたが、ほとんどの人が異常ということの意識がなかった、または異常という意識が少なかったために暴落が起こってしまったのでしょう。

バブル経済時の株価と比べると現在の株価はよっぽど正常であることだけは間違いありません。

理論的には正常であると思ってはいても、またバブル経済の崩壊のようなことが起こるのではないかという気持ちが株価が上がれば上がるほど起こってくるのもまたこれはこれで正常な感覚と言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です